学研のオンライン英会話

<春休みの学習にぴったり 全20レッスン>
「高校生コース2(総合英語コース5)」の内容を中心に、3学期までに習う内容を全20回分のレッスンにまとめなおしたコースです。
これからKiminiを始める方はもちろん、すでに「高校生コース2」や「総合英語コース5」を受講されている方も、これまでの復習としてぜひ受講ください。
このコースの受講にはスタンダードプラン以上へのご加入が必要です(ライトプランでは受講いただけません)
こちらのコースは、主に「高校生コース2(総合英語コース5)」から単元を選んでコンパクトにまとめなおしたコースです。
そのため該当するコースをすでに受講されている場合、一度受講したことのある内容を、再度受講いただく形となります。一度受講されたレッスンでも、復習として再度受講いただき、より定着させていただくことを目的としています。
レッスン数:20レッスン
Lesson 1 仮定法過去
「もし~ならば…なのに」という現在の事実とはちがう仮定や想像を表すために使うのが「仮定法過去」です。形は〈 If + 主語 + 動詞の過去形 ~, 主語 + would[could, might] + 動詞の原形〉です。
Lesson 2 仮定法過去完了・注意すべき仮定法
「もし~だったならば…だったのに」という過去の事実とはちがう仮定や想像を表すために使うのが「仮定法過去完了」です。
Lesson 3 仮定法の重要表現
未来においても「起こる可能性が低い」内容を言いたいときには,if 節の中でshould やwere to という表現を用います。こうした表現は「未来の仮定法」と呼ばれることがあります。
Lesson 4 テスト
これまでのレッスンの内容をおさらいします。
Lesson 5 My Country
母国について話してみましょう。
Lesson 6 原級を使った表現
2つのものの大きさや程度などを比べるとき,英語には決まった表現があります。比べた2つのものが同じ大きさ,同じ程度であると言いたいときには「原級」を使って表現します。
Lesson 7 比較級を使った表現
2つのものを比べて,差があることを言いたいときには「比較級」を使います。
Lesson 8 最上級を使った表現
3つ以上のものを比べて,「最も~,一番~」と言いたいときには「最上級」を使います。
Lesson 9 テスト
これまでのレッスンの内容をおさらいします。
Lesson 10 My Personality
個性について話してみましょう。
Lesson 11 関係代名詞の用法①
「~する○○」のように名詞を説明をするときに,英語では関係代名詞を使って,名詞の後ろから説明を加えます。
Lesson 12 関係代名詞の用法②
関係代名詞のあとに〈 主語 + 動詞 ~〉を続けて,先行詞を説明することもあります。
Lesson 13 そのほかの関係代名詞
thatにも関係代名詞の用法があります。先行詞が「人」でも「人以外」のものでも使うことができます。that は主格のwho,which,目的格のwhom,which の代わりに使うことができます。
Lesson 14 テスト
これまでのレッスンの内容をおさらいします。
Lesson 15 Health
健康について話してみましょう。
Lesson 16 関係代名詞の注意すべき用法
目的格の関係代名詞が,前置詞の目的語になる場合もあります。その際,前置詞は関係代名詞がつくるカタマリの最後に置かれます。
Lesson 17 関係副詞の用法
時・場所・理由などを表す名詞を説明するときには,関係副詞を使います。
Lesson 18 関係代名詞と関係副詞のちがい
関係副詞を含む文と関係代名詞を含む文はよく似ていますが,後ろにくる文の形に大きなちがいがあります。関係代名詞や関係副詞に続く部分の形をチェックすることで,どちらを使った文かを判別することができます。
Lesson 19 テスト
これまでのレッスンの内容をおさらいします。
Lesson 20 My Wishes
自分の願いについて話してみましょう。
こんな方におすすめ
  • 高校1年生
  • 学校での英語の成績が伸び悩んでいる方
  • 学校で学んだ英語を「話せる」英語にしたい方
学習する内容
  • 仮定法
  • 比較表現
  • 関係代名詞と関係副詞の用法
できるようになること
  • 「もし〜ならば・・・なのに」といった現在の事実とは異なる仮定や想像の話をすることができる
  • 「もし〜ならば・・・だった」といった過去の事実とは異なる仮定や想像の話をすることができる
  • 未来に起こり得る仮定や想像の話をすることができる
  • 2つ以上のものの大きさや程度を比べて意見を言うことができる
  • 関係代名詞を使って人や物の細かな説明ができる
  • 関係副詞を使って時・場所・理由などの細かな説明ができる
予習→授業→復習というサイクルで、インプットとアウトプットを繰り返すこと、学習を習慣化し継続していくことが、学習効果を高めます。
レッスンごとに予習・復習教材がありますので、併せて利用しながら学習を進めましょう。
予習
予習教材を使って、文法や単語、重要フレーズを学習しましょう。読んだり書いたりするだけではなく、音読も行うと効果的です。
レッスン
レッスンは、予習でインプットした内容をアウトプットする場です。
講師とのマンツーマンレッスンで、たくさん会話をしましょう。
復習
復習教材を使って学習内容を振り返り、定着させましょう。
授業中にうまく発音できなかった単語を音読したり、英語でうまく伝えられなかったことを調べて次回は言えるようにしておくとよいでしょう。
月額料金をお支払いいただくと、毎日レッスンを受けることができます。学習効果を高めるために、可能な限り毎日受講していただくことを推奨していますが、学業やお仕事の都合もあると思います。まずは週2回の受講を目安に継続してみましょう!
春期講習・高校1年生コース(全20レッスン)を全て終えるまでには…
週2回受講
2.5ヶ月
週4回受講
1ヶ月
毎日受講
0.5ヶ月
今だけ10日間無料で毎日レッスン受講可能!
登録はこちらから
月額5,480円(税別)
コース一覧:
総合英語 (全5コース)
英検®対策 (全9コース)
GTEC®対策 (全1コース)
発音 (全1コース)
接客英語 (全1コース)
ビジネス英会話 (全2コース)
ニューストーク (全23コース)
小学生コース (全2コース)
中学生コース (全3コース)
高校生コース (全2コース)
フリートーク (全8コース)
Kiminiの夏期講習 (全8コース)
Kiminiの冬期講習 (全7コース)
Kiminiの春期講習 (全7コース)
その他のコース (全26コース)